医師がいる安心感は大きいですね

医療レーザー脱毛にはどんなトラブルがある?

脱毛をする際に覚えておきたいのはどんなトラブルがあるかという点です。医療レーザー脱毛をする際には、どんなトラブルがあるのか、対策方法や予防方法などを覚えておくと良いですね。

まず、最も多いトラブルがやけどです。ちょっとくらいなら、と放置してしまう方もいるのですがこれはとても危険です。やけどを放置しておくと、そこに跡が残ってしまう場合もあります。医療機関であれば、すぐに対応してもらうと良いでしょう。

このやけどで注意をしたいのが、日焼けをしている方です。レーザーが反応しているのはメラニンという物質です。メラニンが含まれているのは毛だけではありません。もちろん肌の中にも含まれています。

つまり、肌が黒いとそれだけ肌にレーザーが吸収されてしまうということです。そうなると、やけどの危険性も高くなってしまいます。脱毛を考えている、もしくは脱毛中だという方は絶対に日焼けをしないように気をつけましょう。

ちなみに、ダイオードレーザー脱毛という種類があります。これには冷却装置が付いているので、メラニンが多くても対応が可能だといわれています。ただし日焼けの量にもよりますので、医師の判断に従うことが大切です。

また、脱毛の当日にはクリームなどを塗らないようにしましょう。日焼けをしないように日焼けクリームなどを塗っていく方も多いのですが、これは危険です。レーザーが反応してしまう成分が含まれている可能性もあるからです。

成分によっても異なりますが、基本的には塗らない方が賢明です。もしくは使っているものを持参して、確認してもらうと良いですね。 最後に、レーザーの出力も重要です。レーザー脱毛には出力という概念があります。

出力が高ければそれだけ効果も上がるのですが、しっかりと適切な数値というのがあるのです。 この適切な数値を上回ってしまえばもちろんやけどの可能性も高くなってしまいます。低くすれば脱毛効果が落ちてしまいますので、ちょうど良い出力である必要があります。