モテる美白の肌になるには

モテる美白の肌になるには

美肌になりたいのはすべての女性の望みです。しかし、美しい肌の代表格「美白」ってどのようなお肌を指すのでしょうか。ただ白ければいいというわけではありません。自分がなりたい肌のイメージを掴むことによって、スキンケアのモチベーションを上がりますし、間違えた方法を行わなくてすむ効果もあります。

では、誰もが憧れる美白肌とはどのようなものなのか?ここで、見ていきましょう。

美しい肌の条件には3つあります。透明感とハリ、やわらかさを兼ね備えたお肌です。透明感のある肌は、光をたくさん反射し、肌を美しく見せます。肌が白くなれば光の反射も多くなることから、美白の肌は透明感があり、美しく見えるのです。

では、光を沢山反射する肌になるにはどうすればいいのでしょうか?まず、キメを細かくすることです。肌の中の余計な老廃物を出してしまうことです。そのためにはよく運動をし、汗を流すことが効果的です。

また食事では、ビタミンやミネラルと水分を多めに取りましょう。水分と塩分、ミネラルを取ると肌の中の老廃物が外に出ますから、毎日意識して食事に取り入れることが大切です。

透明感を出す為には、シミが少ないことも重要になります。シミひとつないお肌は、光の反射量がその分多くなりますのでキレイに見えます。ですので、シミを減らしていくことが大事です。そのためには、シミの原因となる紫外線は日焼け止めなどで一年中ブロックすることが必要です。顔だけでなく、首や手など肌の白さが均一になっている状態が理想ですね。

一方で透明感だけでは足りません。ハリがあり、柔らかい肌であるのも重要で、タンパク質とコラーゲンをたっぷり取りましょう。人の肌は7割以上はタンパク質で出来ています。良質なタンパク質を取るために肉よりも、大豆などから取るのがお勧めです。豆乳は、イソフラボンやカルシウムが多く含まれておりアンチエイジング効果もあり、美白になるサポートをします。

美しい肌になるには、ベースとなるタンパク質を補い、白い肌になること、つまりシミのない肌をつくり上げることです。外面と内面の両面からしっかり習慣づけましょう。週間になれば意識しなくても楽にできるようになりますよ。歩いていると、男の人が2回も振り向く、そんな肌を目指していきましょう。