美白の基本!シミを作らない方法

美白の基本!シミを作らない方法

美白の基本として効果的なのは、何よりもシミを作らないという事でしょう。シミが一度出来てしまうと、なかなか消すのが難しくなります。そのため、最初から作らないようにするのが大切です。シミを作らない方法とは一体どのようなものがあるでしょうか。

【1】日に焼かない
シミの大きな原因となるのが、日焼けによって紫外線を浴びるといった事でしょう。紫外線はメラニン色素を活性化させて、シミを作るのです。それを防ぐには、日差しを浴びないというのが一番の方法ですが、そのためにはどうしたらよいのでしょうか。

まずは、日焼け止めなどを効果的に活用する事です。普通に生活していても、どうしても日焼けはしてしまいます。なので、毎日の外出の際には必ず日焼け止めを塗る必要があります。 外出先によって、できれば日焼け止めの効果が高いものを使い分けるとよりベストです。

ちょっと家の周りに買い物に行くくらいの場合では、日焼け止めの効果が高すぎて肌に負担が大きいものよりも、少し効果を下げても肌が傷まないものを選んだほうが良いでしょう。 逆に、遊園地に行くなどといったずっと炎天下にいるだろうという時には、持続性の高い日焼け止めをしっかりと塗るべきです。朝塗ってオシマイにするのではなく、時間が経ったら塗り直す事が大切です。

自宅にいる時にも、ちょっとした時に日差しを浴びますし、窓からの日によって焼けるという事があります。外出用ほどの効果があるものではなくても良いので、乳液の後に軽い感じで日焼け止めを塗るようにしましょう。

【2】ビタミンCをとる
肌にシミを作らない方法として、食事などからできるだけ多くのビタミンCをとるという事を心がけましょう。ビタミンCは朝にとると良いので、できれば朝食でフルーツなどを多くとってビタミン補給をしましょう。

できれば自然に食物からビタミンをとるのが好ましいですが、どうしても難しい場合はサプリメントがドラッグストアで販売していますから、そういう物を上手に活用しましょう。 体の内面からビタミンCをとる事で、シミを作らない予防になります。それだけでなくビタミンはお肌全般のトラブルに効き目がありますので、積極的に取り入れたい成分なのです。

【3】美白成分の入った基礎化粧品を使用する
美白成分の入った基礎化粧品の最大の効用は、シミを作らないという事です。なのでまだシミが出来ていない状態の肌に、予防を兼ねて使うといった事は、最も効果的な使い方といえるでしょう。

美白成分入りの基礎化粧品は、化粧水や乳液などラインで販売している場合が多いですから、金銭的に問題がないようでしたらぜひラインで揃えて使う方が効果的と言えるでしょう。美白成分入りの基礎化粧品を使って、シミのもとを作らないようにするのが、効果的なシミを作らない方法の一つなのです。

以上、シミを作らないようにする方法として、3つの方法をお伝えしました。生活にシミを作らない方法を上手くとり入れる事が、美白の基本と言えるでしょう。上手にシミを作らないで、綺麗なお肌をキープするようにしていきましょう!