脱毛後はお肌を労わりましょう!

脱毛後はシミができやすい?ケアの方法をご紹介します

脱毛後の肌はとてもデリケートです。そのため、しっかり守ってあげないとシミができてしまったり、肌トラブルの原因になってしまうのです。そこで、対策方法などをご紹介させていただきます。

まずはレーザー脱毛のメカニズムについてです。このレーザーは、メラニンに吸収されます。メラニンは黒い色素を作っている成分ですね。しかし、実は紫外線から私たちの肌を守ってくれている存在でもあります。

脱毛後の肌というのは、このメラニンが破壊されている状態で、肌を守るものがありません。そして、人間の体は必要な成分はすぐに作られるようにできています。そのため、とてもピュアな状態で紫外線を受けてしまうとどうなるのでしょうか。

この時、私たちの体では紫外線から肌を守るために、急速にメラニンが生成されていきます。メラニンはシミの原因でもありますので、今度はシミを作る原因になってしまうということですね。

そのため、脱毛をした後はこの紫外線対策を丁寧に行う必要があります。季節にとっても異なりますが、夏以外であればできるだけ施術をした箇所が隠れるような服を選んで下さい。これだけでも若干の効果があります。

また、日焼け止めやUVカット成分が入ったクリームなどを利用しましょう。服で隠れる部分にももちろん塗ります。ここを面倒に思ってしまうとシミ以外にも色々な肌トラブルを引き起こしてしまうことになります。

紫外線はメラニンを作るだけではなく、肌のコラーゲンを破壊してしまいます。肌にとってコラーゲンは柱のようなもので、これがピンと張っている肌を作っています。つまり、コラーゲンが破壊されるとたるみやシワなどの原因になってしまうのです。

脱毛後はもちろんですが、脱毛前や普段から紫外線のケアを怠らないことが大切です。ちなみに、メラニンは毛だけではなくもちろん表皮にも含まれています。そのため、日焼けをしているとレーザー脱毛を行った時に皮膚がやけどしてしまう可能性もあります。